MENU

プライバシーポリシーは何を書けばいいの?

当サイトでプライバシーポリシーページを作成しました。
プライバシーポリシーはサイトを運営する人には必要です。
作成するからにはそれなりに知っておかなければいけないことがあるのでまとめてみた。

プライバシーポリシーとは

プライバシーポリシー (英語: privacy policy) は、 インターネットのウェブサイトにおいて、収集した個人情報をどう扱うのか(保護するのか、それとも一定条件の元に利用するのか)などを、サイトの管理者が定めた規範のこと。個人情報保護方針などともいう。 – wikipedia

wikipediaにはこのようにありますが、インターネットに限らずすべての企業において個人情報の取扱方針は必要なものです。じゃないと、個人情報の流用、転売などが起こるからね。

なんでプライバシーポリシーが必要なの?

平成29年5月30日に制定された改正個人情報保護法によって中小企業も個人情報を取扱を必ず明記もしくは通達しなければいけなくなりました。企業としては明記しておけば毎回通達しなくてもいいので、メリットが多いですがちゃんと事業の内容と取り扱う情報がどのようなことに利用されるかを把握して記載する必要があります。

プライバシーポリシーを明記する条件

  • 個人情報を扱う機能(あなたのメールアドレスなり名前なりを入力・送信する機能)を設置しているかどうか。コメント欄とかお問い合わせフォームとかね。
  • cookieを利用しているかどうか。2回目のサイトアクセス以降に入力項目が省略されて自動で入力できてたらcookieが利用されているよ。
  • 広告を掲載しているかどうか。こういうもの↓は全部広告だよ。

どんなプライバシーポリシーページなら良いの?

プライバシーポリシーはそのサイトに合った内容でないといけない。
まるっとコピペではなく、ちゃんと内容を精査する必要があります。

個人ブログでワードプレスのテーマファイルを使う人はこちらがおすすめ。
これだと比較的かんたんにちゃんとしたプライバシーポリシーが作れる。

まとめ

個人情報はユーザを守る視点でも、運営する自身を守るという意味でもとても大切です。
明記しないで訴訟問題になるとこちらが悪いことになるので必ず明記しようね。では。