MENU

Google Apps Script(GAS)を使ってスプレッドシートに入力した記事をワードプレスに自動投稿する方法 [GAS編]

はじめに

WordPress(ワードプレス)でブログやサイト運営をしていると、エクセルとかスプレッドシートなどで記事を管理して自動投稿を出来ないかと思ってきました。ということでWordPressのREST APIを使ってGoogle スプレッドシートから記事を自動投稿するまでの流れの最後の回になります。

最初から読みたい方は以下を参照ください。

【ワードプレスのAPIを使ってスプレッドシートから記事を自動投稿する方法 [設定編]】はこちら

【ワードプレスのAPIを使ってスプレッドシートから記事を自動投稿する方法 [スクリプト編]】はこちら

この記事でGASに興味を持って、作りたい物のアイデアが浮かんだ人は以下の書籍が基礎から応用まで幅広く解説されているのでおすすめです。

この記事を読んでる人におすすめの書籍

Google Apps Scriptにスクリプトコード作成

[設定編]の記事で作成したGoogle Apps Script(GAS)のプロジェクトを開き、[スクリプト編]の記事で作成したスクリプトコードを貼り付けます。管理しやすくするためにファイル名を「コード.gs」から「postArticleToWordpress.gs」に名前を変更しました。

スクリプトの実行

各種変数設定

スクリプトに必要な以下の変数を設定します。

  • WordPressのサイトURL
  • WordPressのユーザーID
  • アプリケーションパスワード
  • 投稿記事を管理しているスプレッドシートのシート名

アプリケーションパスワードやスプレッドシートの設定が分からない人はこちらから順番に読んでください。

【ワードプレスのAPIを使ってスプレッドシートから記事を自動投稿する方法 [設定編]】はこちら

実行

ここまでくれば後は実行するだけです。ページ上部のメニューから関数を選びます。今回はmain()関数にすべての処理をまとめて1つの流れとして実行出来るようにしているので「main」を選び、「▷実行」をクリックして実行します。

実行権限の許可

初回の実行だけ権限の承認が必要なので以下に沿って承認します。

1.実行時に権限の確認ポップアップが表示→「権限を確認」をクリック。

2.実行するgoogleアカウントを選択

3.「このアプリはGoogleで確認されていません」とアラートがポップアップするので、左下の詳細をクリック。

4.詳細を展開したらページ下部のテキストリンクに移動

5.最後にGASで作成したスクリプトのアクセスを許可

これで作成したスクリプトが実行され記事が投稿されます。

定期自動化(実行のタイマー設定)

自動投稿が実行出来たので、定期実行の設定を行います。
GASプロジェクト画面の左メニュー時計アイコンの「トリガー」ページにて設定を行います。

トリガー一覧画面右下の「トリガーを追加」のボタンをクリックしてトリガーを作成します。

今回は毎日「午前7時〜8時」に実行する設定を行います。

  • ①定期実行する「main」関数を選択します。 
  • ②特定の時間単位(日時、週次、月次など)で実行するために「時間主導型」を選択
  • ③毎日実行するために「日付ベースのタイマー」を選択
  • ④実行時間「午前7時〜8時」を選択
  • ⑤保存

定期実行の設定は完了です。
これで毎日指定の時間にmain関数(WordPressへの記事投稿とスプレッドシートの更新)が実行されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。初めての複数回に分けた解説なのでわかりやすく説明出来ているか不安ですが参考になれば幸いです。GASはGoogleの他のサービスとの連携が取れるので色んなことが出来ます。今後もちょこちょこと自動化っぽい記事をアップしていこうと思います。

これを期にGASをしっかり学びたい!と思った方はUdemyのこちらがおすすめです。

nanimonai

プログラム書く方が楽しいデザイナーです。デザイン事務所→フリーランス→スタートアップ入社→フリーランス(現在)。 全然更新しないのでブログは向いてないと思いつつなんとかやってます。 よければTwitterのフォローもお願いします。

カテゴリー

キーワード

デザインに必須のフリー素材サイト



関連記事